水虫の種類!

なりを潜める冬が終わり、暖かくなる頃に活性化して私たちを悩ませるのが水虫です。
特に多いのが足の水虫で、その症状によっていくつかの種類に細かく分かれます。
趾間型・角化型・小水疱型と爪白癬の合計4種類について見ていきましょう。

水虫の中でも最も多いのが、足指の間や皮膚がじゅくじゅくとふやけたり、乾燥による皮むけとかゆみが発生する趾間型です。
薬指と小指の間(第四趾間)によくできやすいとされ、皮膚が湿ってしまう「湿潤型」と、乾燥して皮むけや皮膚の亀裂が発生する「乾燥型(角質増殖型水虫とも呼ぶ)」の2種類にさらに細かく分類されます。
特徴としてかゆみが強いことが挙げられ、他の細菌の二次感染や、塗り薬の相性によってかぶれが発生しやすい傾向にあります。

次に多いのが、足の裏・踵の部分の角質が厚くなって、表面がザラザラして皮むけが発生する角化型です。
趾間型の乾燥型(角質増殖型水虫)と似ていますが、乾燥型との大きな相違点はかゆみの自覚症状がない点にあります。
見た目の特徴としては、白く粉をふいたような状態であり、ある日気付いたら足裏が白く硬くなっていたと気付くケースが多いです。
他の種類とは異なり、湿度の高い夏場よりも空気が乾燥する冬場の方がひび割れなど、症状が強くなる傾向にあります。
角質層が分厚くなっているため薬効成分の吸収が悪く、飲み薬に切り替えるケースも少なくありません。

足裏や側面にポツポツとした小水疱や膿疱ができる小水疱型も、強いかゆみを伴います。
小水疱の大きさは、通常2~3mm程度ではあるものの、稀にそれよりも肥大化するケースもあります。
高温多湿の夏場が最も活発で、乾燥する冬場にはおさまる傾向が強いタイプです。

足の皮膚だけでなく、爪に感染するタイプもあります。
名称通り、爪に原因菌である白癬菌が感染して増殖を繰り返し、ボロボロと崩れたり硬質化します。
爪白癬を発症するのは、単独で発症するケース以外に足白癬を放っておいた結果感染することも多く、治療はできるだけ早めに行うことが大切です。
抗真菌薬の中でも塗り薬を使って治療しますが、硬い爪の中まで浸透しづらく、治癒が遅かったり再発するケースが非常に多いです。

また、爪白癬は菌をまき散らすため、人に移りやすいという特徴も持っています。
家庭内での感染源とならないよう、早めの治療を心がけましょう。

手にも水虫ができる!?

足や足の爪に多いイメージの水虫ですが、実は手白癬といって手にも感染することがあります。
足の裏や側面、爪に比べて感染・発症する確率が低いとされていますが、その理由は「洗う頻度」です。
白癬菌は感染者からこぼれ落ちた皮膚・垢などに接触したり、患部を触った手で他の部位に触ったりすることで感染するため、非常に移りやすい傾向にあります。
しかし、菌が皮膚に付着して角質の内部へ潜伏するには条件があり、24時間は表面に付着していなければなりません。
足の場合はそうそう頻繁に洗いませんが、手の場合はかなりの頻度で洗うため感染率が低いです。

ただ、だからと言って油断できる症状ではありません。
感染していて気付きにくい手白癬ですが、頻発する「手荒れ」と症状が酷似しているため発見が遅れるケースが多いからです。
手白癬の主な症状としては、表面が乾燥してカサカサしたり、硬化して亀裂が入ったり皮膚が剥がれ落ちたり、小水疱ができるといったように足や爪と同様のものです。

一方、手荒れの症状も乾燥によるカサカサやひび割れ、水ぶくれなどよく似ています。
この手荒れを正式には手湿疹と呼びますが、手湿疹の大きな特徴としては、両手に見られるという点とかゆいという点です。
手白癬は片手のみにできることが多く、またかゆみもありません。
さらに、手白癬は指の付け根から発症して広がっていくという特徴も見られます。

この2つの症状の違いを理解しないまま、安易に薬を使うと逆効果となります。
手湿疹だと思って市販のステロイド剤を塗ると、皮膚に含まれるタンパク質の一種・ケラチンをエサとする白癬菌の増殖を助長させてしまいます。
水虫は治るどころか悪化の一途を辿るため、どちらか判断できない場合は皮膚科に訪れ診察を受けるのが最も確実で心配ありません。

アーカイブ
ページ上部へ戻る